ネタバレ、感想 マンガ マンガ紹介

【転生したら第七王子】39話 あらすじ、感想、考察

こんにちは転生マンガ大好き少年のせぱです

最近猛烈にはまってる「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の

38話の感想を語っていきます!

ネタバレあります!ご注意ください!

前回38話の感想

前回のエピソードの感想も書いてるのでそちらもご覧ください!

ジェイドが放った魔術の極意『黒死玉』をロイドは同じ魔術『虚空』で打ち消し、圧倒的な力を見せつけた。

それにジェイドは憤怒し、ロイドに襲い掛かる、、

それを迎えるのは大量に生成されたロイドの魔術『虚空』であった、、、

39話の感想

あらすじ

あらすじ

ロイドの魔術で城周りの堀の水が蒸発し水蒸気で視界が悪くなっている中、水蒸気のせいで本来、陽が差していてもいいはずなのに差していなかった、、、、、

、、、のではなく、それは水蒸気のせいではなくロイドが作り出した魔力の密が作り出した「夜」だった。

そこには一つ輝いているものが。ジェイドを吸い込もうとしているロイドが放った魔術『虚空』である。

ジェイド(魔族)は依り代である体を捨て逃げようとするがロイドの桁外れの魔術の出力でどんどんと吸い込まれていきついにジェイド(魔族)は消滅した。

戦いは終わり、ロイドの背後には本物のジェイドが立っていた。そしてロイドに語り掛け、夜が明けるとともに姿を消していったのであった。

感想

ついにジェイド戦が感動のフィナーレを迎えました。

いやあ、感動ですね、、

特に最後の暗殺ギルドみんなの回想シーンは泣けます

ジェイドが言っていたことは現実になりました。けれどその場にジェイドがいないのはやっぱりちょっと寂しいですね、、

それにしても国や国民を乗っ取り支配していた魔族ギルザムが消えたことにせいせいしました

あいつ死ぬ間際でジェイド本人の真似なんかしやがってほんと憎たらしい奴ですね!!

考察

ロイドの魔力が作り出した「夜」

ロイドが作り出した「夜」はこれで2つ目ですね!

2話でも的あての時に大気に穴をあけて夜を作り出していました!

せぱ君

しかし同じ「夜」ではありません。前回2話の時は大気に穴を開けて昼間でも垣間見えた本物の「夜」

今回はロイドの魔力密度が作り出した幻影的な「夜」です。

まさか種類が違うとは、、、けた違いにもほどがあります(笑)

あのドロドロってした夜の明け方、、

だれも気にならなかったんでしょうか、、(笑)

死後硬直

魔族ギルザムがジェイドの体から抜け出そうとしているとき死後硬直として体からなかなか抜けることができませんでした。

けどあれ、死後硬直じゃないですよね。僕はジェイドが最後まで抗おうとして生まれた情景だと考えています。

出ていこうとしているギルザムをジェイドの体は絶対離さないと歯を食いしばっているように見えました。

意識はなくとも体が反応しているってやつですかね、、、

最後まで抗うジェイド、惚れました(笑)

まとめ

というわけで、

39話の感想、考察をしていきました!

ジェイド戦の切なく、感動のフィナーレ、、ジェイドには安らかに眠ってほしいですね!

ebook japanで「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」を読む
マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

せぱ達

以上せぱでした!!

-ネタバレ、感想, マンガ, マンガ紹介
-, , , , ,

© 2021 せぱログ Powered by AFFINGER5