マンガ マンガ紹介

【葬送のフリーレン】儚く美しい後日譚ファンタジー

今回紹介するのは

葬送のフリーレン

漫画大賞にも選ばれたこの漫画。

時間の大切さ、儚さ、美しさを感じる作品となっています。

この漫画で感じること

  • 時間というものの大切さ
  • 失ってから気づくもの
  • 仲間との信頼と絆と思い出
  • 助け合いの大切さ

あらすじ

ポイント

これは勇者一行が魔王を倒す物語。

ではなく、勇者一行が魔王を”倒した後”の物語。

勇者の仲間、魔法使いフリーレンはエルフという種族である。

エルフは寿命が長い。魔王を倒すまでの10年間がとても短く感じるくらいに長寿である。

勇者が去り、ほかの仲間も去り、、

彼女が””の世界で生きること。感じることとは、、、

残った者たちが紡ぐ、”葬送”と祈りとは、、

これは”終わりから始まる”物語である。

魔法使いフリーレン

魔王を倒した勇者一行は

  • 人間の勇者ヒンメル
  • 人間の僧侶ハイター
  • ドワーフの戦士アイゼン
  • エルフの魔法使いフリーレン

で構成されていた。

その中でエルフである主人公フリーレンはとてもとても長寿な種族

魔王を倒す10年間の冒険もフリーレンにとっては短い間

魔王を倒した後、冒険は終わり、仲間は解散する。

そして50年が経った。

仲間のみんなは年を取るけれど、フリーレンは変わらぬ姿のまま、、

人の寿命は短い。勇者ヒンメルが死去した時、フリーレンは初めて人間のことを知ろうとしたのであった。

時間というものの大切さ

人間にとって時間はすぐに過ぎ去る。エルフと人間とでは時間の流れが異なる。

ゆえにフリーレンは時間の儚さに気づかった。知ろうとはしなかった。

しかし、他種族との冒険を通じ、

時間というものの大切さをフリーレンや我ら読者にも気づかせてくれる

失ってから気づくもの

勇者ヒンメルは仲間の中で一番初めに亡くなった。

フリーレンにとっては魔王を倒す冒険なんていうものはたかが10年。

しかし、その10年に込めれられた仲間との思い出はとても濃密なものだった。

それをフリーレンはヒンメルが亡くなった後に気づくことになるのだった。

そしてヒンメルは初めて人間を知ろうとするのであった。

仲間との信頼と絆と思い出

ヒンメルとの別れや他の仲間との再会、冒険で仲間との信頼や絆、思い出を感じるフリーレン

フリーレンの旅の道中でそれらを連想されることがいくつも出てくる。

回想として勇者一行として冒険した思い出で信頼や絆といった存在を読者に伝えてくる。

それはとても美しく羨ましく、そして読者に時間の経過を感じさせるのである。

助け合いの大切さ

人を”知る”旅の中フリーレンはいろいろとあって人間の弟子フェルンを取ることになる。

そして旅を進める中、短期的に仲間となり、助け合いその場を乗り越えるというシーンも登場する。

一時的に仲間になった人は話の一話ですぐに分かれることもある。

しかし、その一話だけの登場でも確かにそこには助け合いを感じることができ、

そしてまた、一瞬でのお別れも””をしている情景を増している。

表現

時間

この漫画は時間の流れがとても速い。

3か月や半年、1年間などといった長い時間が一つのコマで飛ぶことは珍しくない。

時間の流れが人間の感覚ではなくフリーレンとしての感覚で流れで表現されているのである。

そして、それをフリーレンの人間の弟子フェルンと一緒に冒険することにより時間の流れの対比をとても上手に繊細に表現している。

感情

フリーレンは常に淡々としている。

淡々としているから薄情だと思われることもある。

しかし、だからこそフリーレンが時々見せる笑顔などの表現が際立って印象付ける。

フリーレンは人間を知ろうとし、時々見せる感情に読者はくぎ付けとなるのだ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

葬送のフリーレンは冒険や、時の流れをとても繊細に美しく表現されている漫画です。

おいすすめの本なのでぜひ読んでみてください。

以上せぱでした。

ebookjapanで葬送のフリーレンを読む

-マンガ, マンガ紹介
-, , , ,

© 2021 せぱログ Powered by AFFINGER5