マンガ マンガ紹介 転生マンガ

【オーバーロード】ダークファンタジーでチートな異世界転生マンガが面白い!

こんにちは転生マンガ大好き少年のせぱです!

今回は小説家になろうでも連載されている

人気小説をコミカライズした

「オーバーロード」

について紹介していこうと思います!

『オーバーロード』とは

今回紹介する「オーバーロード」は

インターネット小説サイト「Arcadia」で発表されて話題となり、書籍化、アニメ化されました。

web小説と書籍版とではストーリー展開が異なっており、

1つの作品で2度楽しめるといった物語となっています。

今回コミカライズされたオーバーロードは

書籍版をもとにストーリーが展開されています。

ポイント

書籍版では『このライトノベルがすごい!』単行本・ノベルズ部門で2017年版で第1位、2018年版・2019年版で第4位に入っています!

あらすじ

オンラインゲーム「ユグドラシル」サービス終了の夜、名残を惜しむためログインしていた主人公は異世界に飛ばされてしまう。見た目は骸骨!?最強で魔法使い!?おまけに悪役――!?カリスマ世界征服物語、開幕。

主人公「モモンガ(のちのアインズ・ウール・ゴウン)」はオンラインゲーム「ユグドラシル」のサービス終了を迎えようとかつてゲーム内で栄光を誇った本拠地で最後の時を待っていました。

しかしサービス終了の時間が過ぎても主人公はログアウトされず、そればかりかプログラムでしか動けないはずのNPCが自分の意志で動きしたのでした。

せぱ達

主人公はゲームの中?に転移した

説得力のあるチート能力

主人公とその周りのヒロインたちはチート能力を持ち異世界転生をするのでした。

しかし転移先はオンラインゲーム「ユグドラシル」と

とても似ている世界転移生します。

ポイント

魔法名などはゲームと同じだが地名など聞いたこともない場所に転移し、似ても似つかない世界だったのです。

厳密にはユグドラシルの世界と違うものの、

ノウハウや能力などは通用するレベルなので

他の作品で見られる「転生したらいきなりチート能力を授かりそれを使いこなすことができる」といったようなことではなく、

長年プレイしてきたゲームの上でチート能力が使えるといった説得力があると僕は考えています。

また、それに加え、見たこともない能力が普及していたり、ユグドラシルと転移先の世界ではスキルが違う能力として発動する場合があるので

主人公はむやみにチート能力を発動することなく慎重に見極めながらことを進めていてチート能力と現実の絶妙なバランスが感じ取れます。

せぱ君

といっても自分強いって前提の行動だけどね!

緻密な設定

オーバーロードは世界観、キャラクターなどの設定が緻密に作りこまれています。

それぞれの国家、地名の設定はもちろん、作中でほんの少しふれられたところまで、

設定が練りこまれ、伏線となってのちに出てくる場合もあります。

また、ヒロインの家臣たちもまだオンラインゲームとして遊んでいたときに

主人公モモンガ以外のほかの人間(プレイヤー)がここに設定した

NPC(ヒロインである家臣)の個性が転生後に反映して行動をするなど

キャラクターの背景がしっかり作られていて抜かりがありません。

その世界すべてが魅力的!!

せぱ君

コミックの魅力

オーバーロードはweb小説、小説、アニメ、そして、コミックと

いろいろな媒体ででています。

その中でコミックの立ち位置は「オーバーロードの魅力にはまってもらう入口」

と僕は思っています。

小説ではより詳細に物事が書かれていますが、

逆に言えば

情報量が多く飲み込むには大変といった面もあります。

その分、コミックではわかりやすく、かつ状況を絵にしてイメージしやすくした感じ

だと僕は思っています!!

せぱ君

ぜひコミックから入ってもらい、オーバーロードに魅了されたら

小説のほうも気にかけてみてください!!

まとめ

というわけで、今回は、

オーバーロードとは、魅力について、マンガの立ち位置について

紹介していきました!

「オーバーロード」という作品に触れてない方はぜひコミックを読んで

魅了されちゃってください!!

せぱ達

以上!せぱでした!

ebook japanでオーバーロードを読む

-マンガ, マンガ紹介, 転生マンガ
-, , , , , , ,

© 2021 せぱログ Powered by AFFINGER5